福祉における資格の種類

福祉に役立つ資格は、大変多くの種類があります。
介護における唯一の国家資格である「介護福祉士」をはじめ、「社会福祉士」、「手話通訳士」、「視覚障害生活訓練専門職」等多種多様です。
一般的によく知られるものの他にも、例えば、高齢者や障害者に対してバリアフリーの環境を提案する「住環境アドバイザー」というのもあります。
視覚障害の人達とコミュニケーションを取るための手話技能を認定する「手話技能検定」や、要介護者の自立支援のために身体機能の回復を図る「介護予防運動スペシャリスト」等の民間資格もあります。
これらはいずれにおいても、高齢者や障害者の生活を支援し、安心して暮らせるよう手助けする役割があります。
看護や介護の質の向上にも繋がっているものなのです。

心にも身体にも優しいデンタルケアクリニック

関西初!専門協会認定の治療院

歯列矯正相談はこちら⇒

最新投稿

  • 介護福祉士の仕事と資格について

    福祉の仕事には、実にさまざまな資格があります。
    その中で介護福祉士は、別名ケアワーカーとも呼ば …

    続きを読む...

  • 福祉の現場で人気の資格

    福祉関係の職場で働きたいという時には、資格を取得することです。
    未経験者が働くことができる場所 …

    続きを読む...

  • 介護職員初任者研修について

    福祉の現場において欠かすことができないものが、介護職員初任者研修です。
    これはホームヘルパー2 …

    続きを読む...

  • 福祉関係の資格について

    就職や転職をする際に、資格を取得していることは非常に大きな強みになります。
    そのような中で人気 …

    続きを読む...

お知らせ